スティーブン・スピルバーグ監督。

今日、ニュースで 世界的有名映画監督『スティーブン・スピルバーグ監督』

が発達障害の一種『学習障害(別名LD)』である事を公言しました。

と、言うニュースがやっていました。

自分は音楽はよく聴きますけれど 映画は疎いと言うか、詳しくないですし、

実際余り観ません(好きじゃない、と、言う訳でなく、

出不精なのと、小遣いを殆んど別のものに使ってしまうからです)

そこで、 『学習障害(別名LD)』とは?と言いますと、

自分がネットで以前調べたところ、

日本では旧文部省が1999年時点での学習障害

の定義を定めているみたいです。

学習障害とは、基本的には知的発達に遅れはないが

「話す」「聞く」「(文字などを)読む」「書く」「(算数・数学的な)数字の計算」

又は「推論する」以上の能力の内、特定のものの習得と使用に著しい

困難を示す様々な状態を指すものである。この学習障害は、その原因として

中核神経に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、

知的障害、情緒障害等からくる原因や、環境的な要因が直接の原因と

なるものでない。

それと先天性の障害です、つまり生まれつきもっての障害です、

又、アメリカの連邦合同委員会が出した定義では...

他のハンディキャップ(例えば、感覚の障害、精神遅滞、

社会性や情緒の障害など)や不適切な環境(文化的な違い、

望ましくない教育など)

からも

生じるが、そのようなハンディキャップや環境が

直接な原因で生じるもののことではない。





例えば見た目は普通の子、(知的障害

を持ってない〈その判断は読者さんの判断基準で良いと思います〉)

と思える19歳の青年でも『10が10個で100』ってことが解らない、覚えられない

と言ったケースを見たことがあります。



LDと呼称する方が一般的である。

LD (Learning Disorders, Learning Disabilifies)

(Learning = ラーニング =学ぶこと、習う[覚える]こと,

Disorder = ディスオーダー =(心身機能の)不調,異常、障害

理由は、実態よりも重篤な印象を与えるためである。このため、

症状的には、読字障害による読み書き等に困難を示す「デェスレクシア」

の呼称の方がしっくりくるとする研究家もいる。

LDの子供は全体的な能力で劣っている訳ではないので

高校、大学への進学もケースにより可能であり、

こうした子供たちの人権を擁護する団体もある。

欧米の大学ではLDの学生の単位取得等を手厚く支援する

制度のある大学が多い。


また、いわゆる「(軽度)発達障害」の中で、

SSTの必要性が薄いのが特徴である(読み書きの遅れで自信

を失うことはあっても、他の

発達障害を併発しているケースでなければ、

社会性に問題があるとは言えないため)。


学校教育では、LDは2006年

4月1日より通級の対象と

なり、2007年4月からは特別支援教育

の対象にもなっている。




因みに世界的映画俳優『トム・クルーズ』も読字障害だそうです。

彼は字を読むのが困難なため、台本の内容を

人に読んでもらい、そうして頭の中でイメージを

膨らませ演技をしているそうです。























【送料無料】 発達障害のある子の困り感に寄り添う支援 通常の学級に学ぶLD・ADHD・アスペの子どもへの 学研のヒューマンケアブックス / 佐藤曉 【全集・双書】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル語学・教育・辞書フォーマット全集・双書出版社学研マーケティング発売日2004年09

楽天市場 by 【送料無料】 発達障害のある子の困り感に寄り添う支援 通常の学級に学ぶLD・ADHD・アスペの子どもへの 学研のヒューマンケアブックス / 佐藤曉 【全集・双書】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック