ドラマの感想~黒の女教師 編~

いきなりですが 謝罪をしたいと思います。

本当は自分がやってるこの観覧数の少ないこんなブログなんて

ご存知さえないでしょうけど『大賀君』栗原啓太役の、大賀君、

今迄、『栗原啓太君』の散々悪いとこばっか言って、スミマセンm( __ __ )m

黒教内で、7話辺りの学園祭の回の時のあたりから

超感じ良かったです ごめんね

カフェの決めゴトを決める際、教壇でキチンと役目を果たしている

場面や、梅原 優が雑誌でクラスメートにスゲースゲーってなってる

時の「梅原~俺は知ってたゾ~お前が只者ではないって事を...」

「有名に成っても忘れないでくれっ!」的なことを口にしながら

握手を求めてた時のユーモアセンスも、9話で課外授業のことが

知らないクラスメート全員にまでもれそうになってた時の

「そーゆう嫌がらせみたいな文章が届いたって事だよな?」

とフォローしようとしてた場面も、好印象でした!

特に7話の教壇にたってくじ引きの箱持って

カフェの係決めをしてた時の栗原君が一番好印象でした!

『栗原啓太』役『栗原君』はちょっとお調子者な所もあるけどそうゆう子って

ムードメーカーになるし、面白い人という大きな個性を持ってる

と、よく考えてみたら、そう思いましたし、栗原君にも思いやり

優しさは有る。そう感じました。

ただお調子者、なだけじゃないことを自分は

ちゃんと確認しました。失礼しました、

番組スタッフの方々関係者の方々、そして『大賀』君と、クラスメート役

の皆様へもご無礼なお失礼な  

自分のBlogでの書き込み、すみませんでした。

第1話から最終話まで欠かさず全部観させていただきました。

大変面白いドラマでした、感謝致します(_ _)。いいドラマだったと思います。

スタッフさん方もそうですし、キャストの皆様の今後

の活躍もとても楽しみです



















今日聴いた音楽:HY『TRUNK』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック